ロサンゼルス(L.A.)へ行くと決めた理由・その1

2003年、私は今の主人と出会った。彼の劇団に入団して彼と出会った。
出会って間もなく、
彼は前の家族と別れて 河口湖に単身で住むと言って、河口湖と東京を行き来していた。
私は劇団員としてスタッフとして出来る限りのサポートをしていこうと思った。
そのうち私は彼と付き合うようになって、彼の夢を一緒に叶えようと決心。
私も河口湖で暮らすようになった。そして2007年に結婚して息子が誕生した。

私は、中学3年生くらいのとき(1989年)からHipHopDanceを始めて、
なんだか色々と限界を感じて 表現の枠を広げたくて、
モデルやお芝居などいろいろチャレンジした。

確か・・主人と出会ってしばらくしてからのこと。
2005年頃に HONEY ダンスレボリューション という映画を観て
本当にやりたいことを一瞬思い出した。(この映画自体は2003年頃の映画。)

けれども、
主人の夢を一緒に叶えることで精一杯で、自分の夢を忘れようって思った。

この映画を観るととっても元気になるので、何かある度に、
この映画を観て、元気を取り戻していた。

2007年1月入籍、11月には息子を出産。
彼の夢も叶い、彼の仕事を産後間もなく手伝いながらも、
自分の時間ももてるようになった。
この映画を何度も観た。何度も何度も。

2009年 彼がガンになった。十二指腸全摘出。
お陰さまで今は元気。
これを機に、私は私の人生を生きようと思った。
それでもしばらくの間、主人のことばかりしていたので、
自分のことがわからなくなっていた。
とにかく踊りたかったので、チャンスが巡ってきて、
ミュージカルなどのお仕事をさせてもらった。

2011年に東日本大震災があって
被災者の子どもたちの受け入れなど主人の活動をサポートしていると、
私自身が体を壊してしまい、
自分を満たすこと、自分を大切にすること
それが周りに迷惑をかけないことだと気づき、同じ時間を生きるなら、
本当に好きなことをしようと決意。

2012年からロサンゼルスに行くようになった。

きっかけは 都内のDance スタジオ。
Danceを初めて教えてもらったBOBBYさんに会いにスタジオへ行くと、
STREET DANCEの情報がいっぱい☆
フライヤーやフリーペーパーを持ち帰って見てみると、
ロサンゼルスの情報が載っていた。
L.A.のデビーアレンアカデミー主催で行われるHIP HOPダンスのイベント&
WORK SHOPは1週間に125のHIP HOPクラスがあり
1日中ダンス漬け。
最終日にはSHOWに出られる。
共同主催の
(写真の)Dave Scott(2004年公開された映画 「You Got Served」出演、振付)
Dave Scott
そして
このイベントにLaurieann Gibsonも来ると書いてあった。

http://en.wikipedia.org/wiki/Laurieann_Gibson

映画HONEY ダンスレボリューションに出演、振付しているダンサー。
これは絶対に行きたいと思い、早速申し込んだ。
Mary J Blige、Michael Jacson,レディー・ガガや様々なアーティストの
振付、K-popのBIGBANGのプロデュースなどもしている。
私の大好きなMissy Elliotの振り付けも。
因みに、この映画にもMissy Elliotが出演している。

・・・・中学生の頃からの夢の続きが始まりました。
つづく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>